シャンプーエリア 超インダストリアル化計画③ 飾り棚制作

インダストリアルな家具製作の第一弾。

工業的な要素を演出する大型の飾り棚を作っていきます。

 

材料は安価なアングル材とツーバイ材を採用しました。

 

枠を仮組み。幅230㎝、高さ120cmとなかなかの規模のDIY。

 

苦手なトリマーを使って木材の外側に3mm、内側に10mmの段差をつけています。

 

和室の腰壁にも使用した安価なアンティークワックスで着色を。

ブライワックスと比べて臭いもなく、仕上がりの色味もさほど変わらないのでお気に入りです。

 

壁に設置。

 

有効ボードに黒板塗料を塗って内側に設置。

 

有効ボードの下に棚を設置。

いつもなら棚受けの金具は見えないように作りますが

無骨な演出にもなりそうなのでシンプルにビス留めしました。

 

木材の枠にスチールのアングル材を無塗装でビス留め。

かなりイカつい雰囲気になりました。

 

だいぶいい感じになってきました!

このあと扉と照明をつける予定です。

 

 

つづく。

ブログランキングに参加しています♪
下のボタンをクリックでブログのやる気出ます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Leave a Comment