店名「hair studio LEVEL」の意味(’~`;)

美容室に限らず、自分のお店を出店する際に

かなり悩める要素となる「店名」ですが

店舗経営をしている知人友人に店名の由来を尋ねると

みなさんしっかりと意味や意志を込めて良く考えられているようで

本当に感心します。

 

それもそのはず、店名とはお店の看板、ショップカード、チラシなど

関連するもの全てに表記されるものであり

また、お店の特徴や方向性を示唆するもので、

一度決定したら変更することも難しいことから

慎重に考えざるを得ない重要なもの。

 

しかし僕の場合、お店を出した理由が

①植物カラーを広めたい

②店内を思いっきりDIYしたい

③通勤時間を5分以内にしたい

④店内に撮影スタジオをつくりたい

以上の4つくらいで

全く共通点もなく、まともに公表できるのは①くらいしか無いことから

「なんでもいいや」と放置しておりました。

 

最終的には、前の職場のオーナーに店名を考えてもらい

役所に登録寸前のところで

「やっぱり自分で決めた方がいいよ」

と促され、ようやく現在の店名に至りました。

 

前置きが長くなりましたが

店名の「hair studio LEVEL」の由来ですが、

 

当店では長くお店をご利用されている方をより優遇するために

会員カードにレベルを設けております。

6回のご来店ごとにレベルが上がり

レベル0から最大10まであります。

優遇内容はレベルの数字×100円を毎回割引する事。

たとえばレベル5のお客様は毎回500円引きとなります。

 

一般的な美容室の会員特典は

10回ご来店ごとに1000円引き、や

1000円毎に1ポイント付与で30ポイント貯まったら

1500円前後の商品をプレゼント、などが多いので

それらと比べると金銭的にはだいぶ優遇されるシステムかと思います。

 

そもそも、お店存続に大いに貢献されている常連のお客様を優遇するシステムを

採用している美容室がほとんど無いことに違和感を感じますが。

 

また話がそれてきたので戻しますと、

会員カードにレベルを表記するにあたり

カードのデザインは全レベル統一しレベル数をスタンプにしようと考え

カードの表面に「LEVEL」の文字をあらかじめ表記させました。

P8260860

 

 

出来るだけシンプルなデザインにしたかったので

(他に何も表記したくなかったので)

それがそのまま店名へと昇華した次第であります。

 

しょうもない決め方で申し訳ないので

建前の命名理由を後付けで考え中です。

 

たとえば

「常にLEVEL UPを念頭に置き、向上し続ける集団でありたいから(`・ω・´)キリッ」

とか

「Le」はフランス語の前置詞で「VEL」は

ヴァリュー エンジニアリング リーダーの略です。みたいな。

ことさらイミフだけど。

 

ということでだれかカッコいい建前思いついたら教えてください。

イケてる建前募集します。

業界初の試みでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタもほぼ毎日投稿してます!

https://www.instagram.com/hairstudio_level/


ブログランキングに参加しています♪
下のボタンをクリックでブログのやる気出ます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Leave a Comment